着圧タイツ お風呂 効果

着圧タイツを履いてお風呂に入る効果とは?

 

着圧タイツ,お風呂,効果

 

着圧タイツは脚を引き締める着圧があり、着圧タイツを履いて入浴すると水圧と着圧で普通はかからない引き締め効力がかかり脚痩せ効果がアップします。血流が改善されて代謝がアップして、ダイエットになります。マッサージを行った時と同じ効果を得る事が出来ます。

 

血流の流れを良くする事で、デトックス効果も上がります。習慣として行うと効果が絶大で、身体が汗を掻く事に慣れます。短時間で汗を掻く事が出来て、新陳代謝が向上して冷え性の改善や美肌効果等ダイエット効果以外の効果も得られます。

 

やり方は着圧タイツを履いて、気持ち良いと感じる程度でお風呂のお湯を設定します。普段熱めが好みで40度に設定する場合は、入浴時間は10分程度で効果があります。お風呂に浸かる時間は15から30分で、入浴中にマッサージを行います。

 

半身浴でも全身浴でも、効果はあります。着圧タイツを履いて入浴をすると、急激に血流が良くなり体に負担がかかります。

 

身体の調子が良くない時や、飲酒後は控えるようにします。マッサージを行う場合は入浴時間がかかるため、お風呂のお湯の設定温度は少し温かい38度に設定して、15から30分入浴をします。

 

半身浴であると心臓への負担が全身浴よりも少なくなり、マッサージを行って長い入浴になる場合は半身浴にするのがおすすめです。

着圧タイツが下がってくる原因と対処法

 

着圧タイツ,お風呂,効果

 

着圧タイツを履くと下がってくる原因は、サイズが合っていないためです。身体にサイズが合っていないと、ずり落ちやすくなります。サイズが大き過ぎると、日中に履いて動くと下がってきやすいです。この場合は、自分に合ったサイズをきちんと計って選ぶ事です。

 

ヒップや足首に合わせたサイズを選んで、痩せ型の人は身長に合わせてふっくらとしている人はウエストとヒップに合わせてサイズを選ぶと失敗しないです。着圧タイツの素材によって、落ちやすいものがあります。シルクやナイロン等のツルツルした素材は滑りやすくなるため、滑って落ちやすいです。

 

反対にコットン素材の下着であると、滑りにくくずり落ち防止が出来ます。着圧タイツを何回も履くと、ゴムが伸び切ってしまいます。ゴムが伸びると、ずり落ちる原因になります。ゴムが伸びてきたら、着圧タイツを買い替えるタイミングになります。

 

寿命が来ている事になるため、新しいものを購入します。着圧が弱すぎると、着圧タイツが下がる原因になります。着圧は適度にかかるものが最適で、強過ぎても弱過ぎても効果がしっかりと得られないです。購入する時には、着圧がどのくらいでるか記載されているため確認をします。

着圧タイツで楽して脚痩せできる?

 

着圧タイツ,お風呂,効果

 

運動が苦手な人って多いですよね。忙しくて、なかなか時間が取れないという人も多いのではないでしょうか。しかし女性の永遠の課題は「痩せたい」という矛盾をしていると思います。楽して痩せるそんな商品があればいいですよね。

 

履くだけで痩せる、細くなるというのをテレビコマーシャルなどで見たことはありませんか。そんな夢のようなものがあればいいですよね。着圧タイツは加圧効果によって脂肪を燃焼させる効果があります。むくみ解消、セルライトにも作用すると言われています。

 

また、着用時に体温が上昇して血のめぐりが良くなることで、基礎代謝がアップして、脂肪燃焼効果も期待されています。足は痩せにくい部分と言われています。その部分痩せができるのは、着圧タイプのタイツを履くことによってそれが可能になります。

 

続けるということに意味があります。なんでもそうですが、すぐに効果は期待できません。履き続けているうちに細くなってくるという効果が期待できるようになると思います。当たり前になってしまっていたむくみが解消されたことが、スッキリするという理由の一つになると思います。

 

溜めこみやすいむくみや老廃物、スッキリさせて、足痩せを可能にしていければいいなと思います。

着圧タイツは就寝中に履けるのか?

 

着圧タイツ,お風呂,効果

 

着圧タイツには色々な種類があり、生活に合わせて使い分ける事が大切です。着圧タイツには昼用と夜用があり、昼と夜では推奨される圧が違うためです。日中は適度に身体を動かすため、強めの圧のタイツを履く事で血流がやむくみが解消するサポートが出来ます。

 

反対に就寝中は身体を横にするため、日中に血液や水分が溜まらないです。就寝中に昼用の着圧タイツを履いて寝ると、脚を過剰に締め付けて動脈が詰まったり気分が悪くなる可能性もあります。キツイ着圧タイツを履いて寝ると、熟睡出来ないです。

 

夜は無理をしないで、夜用の着圧タイツを履くとぐっすりと眠れるようになります。着圧タイツには足先が空いているものと空いていないものがあり、夜に足先が空いていないものを履くと足の爪を締め付けて巻き爪の原因になる可能性があります。

 

日中は靴下やストッキングを兼ねて、履いている人もいます。夜は足先まで気にする必要はないため、足先のない着圧タイツを履きます。このように、就寝中には夜用を履けば寝る事が出来ます。正しく使い分ける事で、身体のためにも優しいです。

 

昼用と夜用をきちんと使い分けて履くように、メーカーもそれぞれに合わせて商品を販売しています。

履くだけイージースリムレッグライト※口コミ&実際の効果まとめトップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、下半身デブ体型が気になる方は、トップページで履くだけイージースリムレッグライトの詳細をチェックしてみてください。